『千葉SCを越えていく』

千葉サッカークラブ出身の田村大地コーチにお話を伺いました。


ー大地コーチにとって、千葉サッカークラブとは?


『自分の出身クラブであり、中学生時代よりサッカーだけでなくオフザピッチで大切な事もたくさん学びました。サッカーにおいては、相手の逆とる事、大切にボールを扱う事などサッカーの基礎を学びました。』


ー指導者として千葉SCに帰ってきてました。


『そうですね、大学時代に千葉サッカークラブにアルバイトの指導者として戻ってきました。指導者のスタートは櫻井コーチ(現ジェフ千葉)につきっきりで、指導者としてのべースを教わったと思っています。櫻井さんがいなければ今の自分はいません。』


ー今年は、千葉サッカークラブ 中学3年生の監督です。 
 どのような事を選手達に伝えていますか?


『ゲームの中で逆をとること、ボールの扱いについては細かく指導しています。
 最近はクラブで育成のメソッド会議も開き、ゲームの局面ごとに大切なことをクラブ全カテゴリーで共有しています。千葉SCで今まで学んできた事。それぞれのスタッフの色はあっていいのですが、同じサッカーのベクトルを合わせていく作業をしています。』


ークラブユース選手権ではクラッキスに敗れてしまいました。

『そうですね、優勝候補のチームの一つであり、このレベルの高さを改めて感じました。
しかし、後半のスタートの試合運びができていれば違う結果になっていたかもしれません。』


ーこのあとは、リーグ・高円宮杯と戦いが続きます。


『クラッキス戦に負けた事は学びに変え、次に向けて既に切り替えています。
まずはリーグ、全試合で勝ち星が付くように準備すること、この3年生で1部に絶対昇格したい。また、高円宮では関東大会出場を目標にしっかりと準備していきたいですね。』


ー大地コーチにとってのこれからの目標は?

『千葉SCの越えていく事です。千葉SCの伝統を大切にしながらも、OBスタッフを中心に新しい千葉SCの基盤を作っていきたい。千葉サッカークラブにはその可能性が無限にあると感じています。このクラブから日本を代表するような選手がたくさん出てくる事を信じて、頑張っていきたいと思います。』



現中学3年生の監督である大地コーチ。
24歳とまだ若い彼のもつサッカーセンス・学ぶ姿勢が千葉SCの未来をかえていく事を期待しています。また子どもたちから愛される信頼が、この夏の結果に結びつくを事を信じています。


千葉SC 広報